小倉 唯 1st LIVE「HAPPY JAM」【夜公演】に参加しました。

.

以下は、2015年にここではない(既に消えた)ブログで書いた当時の記事をそのままコピーして移植したものです。
当時のまま、加筆修正は一切していないので支離滅裂感が極まりないですがよかったらどうぞ!
このライブはそれまで漠然と参加していた声優さんのイベントに対しての見方、捉え方を180度変えてくれたものです。
特に、最後のアンコールでのMCが強く印象に残っています。

                    • -


小倉 唯 1st LIVE「HAPPY JAM」 【夜公演】 に参加しました。正直メチャクチャ楽しかったです。
高校時代の友人の影響で小倉唯さんのシングルは「聴け!」と言われてCDが飛んできていたこともあるのか、1stアルバムが出るということを聞いた時には自発的に購入していました。
そもそも小倉唯さんのソロ名義の曲が好きだったのでアルバムはどんな風なのかなという興味もありました。
実際、アルバムを聴いてみるとこれが半端無く素晴らしい。
気がついた頃には手が勝手にライブに応募してました。
人気女性声優のライブやし当たらんやろ~とか思ってたら当選したので行ってきた次第です。
覚えてる曲、事について形にしたかったので感想みたいなものを書いてみます。


まず開演間近にサプライズ(?)として8月に出る5thシングル『Honey♥Come!!』のMVがステージ上の大画面スクリーンで流れていました。
昼公演でも同様に流されていたらしく、オタクの「それ!」「ここな!」とかいう推しポイントを教えてくれる(各々叫んでる)人が周りに沢山いたのが面白かったです。


開演~
まずはアルバムでも1曲目の『FUN FUN MERRY JAM』
まさしく始まるよ~って感じの歌。作曲がIOSYSなんやなこれ。

間髪入れずに『Charming Do!』
何故か分からないけどこの曲のイントロの振りコピができてしまう…笑。
AメロからBメロに移るところで「ユイユイユイユイ、ユイチャーン!」とかいうオタクの声が聞こえてきて「おぉ。これが」と一人で感心してました。

『パンドラ♡ショコラ』
アルバムには入ってない曲だったので行きの電車の中でその事を思い出して焦って聞いてました。ショコラとかジャムとかお菓子系の曲ね。

『いつだってCall Me!』
俺達の板垣祐介。最高!

MCでは「ただのJAMじゃなくてHAPPYなJAMを楽しんでいって下さい」と小倉唯さんに言われました。お、おう!

ここまで大体アルバムの曲順で進行しているのでお次はもちろん『A Lovely Tea Break』
これな…アルバムで一番好きな曲です…。
何て言っていいのか分からないけど、とても癖になる曲調で中毒性がすごいものだから無限ループしてたこともあったくらいに好き。

衣装替えタイムは映像企画をみんなで座って見るタイム。
ハッピーロード大山商店街でハッピー探しだそうで、とは言うものの食べ物を食べてばっかりだったのは笑ってしまいました。
特にクレープ屋さんで店主さんに味のトッピングとして『小倉』をオススメされてたのに全く違うものを選んでいたところが面白かったです。

白黒の格好いい衣装にチェンジして『Get over』
小倉唯さん=可愛い人というイメージが僕の中で大半を占めていたけど、そのイメージが覆ったパフォーマンス。
なにこれカッコ良すぎない???
そして曲が強すぎる…。

そしていよいよ『Raise』
オタクたちの「うわぁああああぁぁ!」とかいう声がそこかしこから聞こえてきたしやっぱりこの曲人気なんだなぁ~と思ってたら1分後には自分も仲間入りしてたのは今思うと訳が分からないな…。(訳:俊龍最高)
「L・O・V・E ラブリー唯ちゃん!」ってマジでやるんだ…となりました。
2番は「C・U・T・E キュートな唯ちゃん!」これ楽しくない?またやりたい。

MCを挟み8月に出るNewシングルから『ガーリッシュエイジ』
は~~~これ早く発売してくれ頼む……
ユーロビート調のイントロから繰り出されるドチャクソアンセムis僕が好きにならない訳がなく完堕ちしました。来週発売してほしい。

次は何かなと思ったらダンサーさんと小倉唯さんのセッションタイム、クソ格好いい。
なんやこれ、凄い。
ダンスがものすごく上手いのは前々から知ってましたが生で改めて見ると凄いなぁとしか言えないこの語彙力のなさを恨んでしまう…。
ガチダンスが見られるなんて思ってなかったので正直痺れました。一番行ってよかったなぁと思ったところはここかも。
小倉唯さんが捌けていったと思ったらEDMが掛かり始めてダンサーさんのダンサブルタイム。こういうの好き。

とても大事な曲だと語る神様のメモ帳のキャラクターソング『きみがここに来る二、三の理由』
僕の知っている数少ないキャラソンのうちの一つだったのですがまさか聞けるとは…とても嬉しかったです。

またまた映像タイム。今度はお料理企画ということでハンバーグ作りに挑戦!
サポート役を務めるカワウソ君のCVは日高里菜さんでした。
お肉を丸めて両手でキャッチボールをして空気を抜いたら形作り、ここでハート型を作ってカメラに向かって「見て見てー!」と嬉々と見せてたのに次の瞬間「これが美味しくなる秘訣なんです」と宣って上からパティをチョップしていてさすがに笑ってしまいました。
これには、最初のMCで「衣装早着替えに気付かなかった人~?」と聞かれた時に「嘘でしょー!」と言われながらも延々と手を上げて「はいはーい!」とか言ってた左隣のオタクでさえも「えぇ!?」って言っててワロタ。ちなみに開演前に彼から昼公演の時の銀テープをもらいました、ありがとう。

『Tinkling Smile』
僕はこの曲かなり好きで、2014年下半期BEST10にもランクインしてましたね。

8月発売の5thシングル表題曲『Honey♥Come!!』俊龍!!!
ハニカム~って歌詞が沢山出てくるので皆さんも一緒に言ってくださいね~」と言われたのでオタク達の野太い「ハ゛ニ゛カ゛ム゛~~~~゛」が飛び交う地獄絵図に。楽しいな?

『ともだちピンク』
左斜め前方の背番号8のロウきゅーぶ!ビブスを着た方が「あ゛ぁ~~っ!!」と叫びながらあり得ないステップを踏んでたことが印象に残りすぎている。
キングレコードではない他レーベルのキャラソンぶち込んでくるの普通に考えて反則なのでは?
好きな方にはたまらないんだろうな、と思いました。そりゃ嬉しいよなぁ!

会場の雰囲気がおかしな方向に傾いたまま『Happy Strawberry』
正統派コール曲、みたいな?さっきの曲でメーター振りきれちゃった人が多かったのであろう、サビでは皆ジャンプしまくってましたね。揺れるパシフィコ2階席。

これまで自分の活動を支えてくれた家族や友人、スタッフの方、ファンの皆に「ありがとう」を伝えたいというアルバムでの最後の曲にもなっている『Sing-a-ling-a-Harmony』
歌いながら涙ぐんでいる小倉唯さんの姿を見て「あぁ、あんなにダンスも上手くて歌も歌えて何でもできる小倉唯さんも人の子なんだ…」と思いました。


アンコール。普通アンコールは「アンコール!アンコール!」だと思うのですが、ゆいかおりのライブでは「ゆいかおりゆいかおり!」だと聞いてたので「ゆーいーちゃん!ゆーいーちゃん!」という声が聞こえてきたときは「なるほどね」と思ったんだけど、そのうちかき消されてワロタ。頑張れよ!!!?


『thx!!』
タイトル通り"これまでにありがとう"の意味を込めつつも、また新しいステージに向かって進んでいく明るいポップチューン。「Say! T! H! X! thx!!」と合いの手ポイントもあって非常に楽しい曲ですよね。インストがいいんですよこの曲…。

1stライブ最後を飾るのは『Baby Sweet Berry Love
シユティファニキャッ ギミギミシャイニタイッ ピーアーイーティティワイ タイニタイニーベリーラッ。
アニメのEDで月子ちゃんが踊っているダンスの振り付けが大好きだったので、小倉唯さんのPVでは振りが違ってたのを見た時は少し残念な気持ちになったのを覚えてます、仕方のないことだけど。
俗に言う"洗濯物を取り込む動き"って皆やるものだと思ってノリノリでやったら誰もやってなかったのは恥ずかしかったです…。


そして、このライブで一番印象的だったのはここでのMCでした。
内容としては

こんなに大きな会場でたった一人でライブをするということに対して不安があった
辛くて苦しいときもあるけど、みんながファンレターやブログのコメントで声援をくれて、それでいつも頑張ろうと思い返す
私の頑張りが皆さんの頑張りにつながっていることが嬉しい
まだまだ小倉唯としての物語は始まったばかり!
これからも皆さんと一緒に歩んでいきたい

断片的な記憶しかないのですが、多分こういうことを言っていたと思います(違っていたらごめんなさい)。

僕が日常的に見ているアニメに若くして出演し、ユニットとしてCDを出すだけでなく、個人名義でもCDを出し、声優としてもアーティストとしても一線で活躍する小倉唯さん。
なんと言えばいいか分からないのですが、僕は小倉唯さんのことを天上人のような人だと勝手に神格化していたのですが、そんなことはなくて小倉唯さんも一人の人間なんだ…という当たり前の事実に今更ながら気が付きました。
小倉唯さんも一人の人間…
とはいえ、MCでも触れられていた通り、仕事に対して向き合う姿勢や努力の仕方というものは常人離れしているとは言えると思います。
そうでなければパシフィコ横浜なんていう大きなホールでたった一人でライブなんてできません。
小倉唯さん…なんて強い人だ…と思うのと同時にもはや尊敬の念すら抱くことになりました。

最後はマイクなしでの「ありがとうございました」の挨拶で幕を閉じた小倉唯さんの1stライブ、非常に行って良かったと思えるライブでした。
ガチなファンとしてじゃなくて完全にお客さんのつもりで行った訳だけど、そのおかげで新しい魅力にも気づく事ができたようにも思います。
可愛い曲だけでなく、格好いい歌もバッチリ自分のものにして歌いこなせるのは本当にすごい。。。
ダンスもキレキレだし見どころが多いと言った方がいいのかな。
名前だけは知ってるけど興味はそこまでないかな~という人にほど見てほしいなと思えるから不思議ですね。
またライブがあるなら絶対に行きたい!行かなきゃ!と思いました。

おわり。